引き揃えで編むセーターの重さの計算

複数の糸を引き揃えてセーターを編むと、出来上がったセーターの重さはどのくらいになるでしょうか?

事前にセーターの重さが予想できたら、便利だと思いませんか?

じつは、とても簡単に計算できるのです!

  • Mominoki YarnのGerman Merino Light
  • ウール、もしくはアルパカの lace weightの糸
  • ダルマのシルクモヘア

を1本ずつ使って編むセーターを想定してみました。

White Mountains のSサイズを編むとどのくらいの重さに仕上がるか、計算してみます。

最初にそれぞれの糸の1メートルあたりの重さを計算します。

糸の「重さ」を「長さ」で割ります。

「重さ」÷「長さ」です。

それぞれの糸の1メートルあたりの重さの合計が、3本の糸を引き揃えたときの1メートルあたりの重さです。

この引き揃えでは、1メートルあたり0.502gです。

もう一つ必要な数字は、セーターを編むのに必要な糸長です。White MountainsのSサイズだと、680mの糸が必要です。

「1メートルあたりの糸の重さ」と「セーターの糸長」を掛け算します。

「1メートルあたりの糸の重さ」×「セーターの糸長」の計算結果が、出来上がったセーターのおおよその重さです。

私が並太糸(Worsted weight)を使ったセーターのパターンを作る時はSサイズのサンプルが350gくらいに収まるのを目標にしています。

重くても400以下になるように、出来れば300g以下になって欲しいなあと思いながら、糸やゲージ、模様を考えていきます。

下のフォームで、引き揃えで編むセーターの重さを計算することができます。セーターを編むのに必要な糸長、引き揃えに使う予定の糸の長さと重さを入力していくと、出来上がったセーターの重さが出てくるように作ってみました。

最大7本の引き揃えまで計算できるので、よかったら使ってみて下さいね。お役に立てると嬉しいです。

セーターを編むのに必要な糸長

糸A メートル / グラム

糸B メートル / グラム

糸C メートル / グラム

糸D メートル / グラム

糸E メートル / グラム

糸F メートル / グラム

糸G メートル / グラム

出来上がったセーターの重さ = 0 グラム

この投稿文は次の言語で読めます: 英語