ワイルドチューリップ

wild tulip

wild-tulip2

wild-tulip3

wild-tulip4

サイズ: 1 (234)才

糸の種類:合太~並太のウール、アルパカ 、もしくはコットン。写真の作品はノルウェーの Picklesという会社の Pure Alpacaという毛糸(緑:Aspargus ♯MED7750、 紫:Violet ♯MED8800 、黄:Sun ♯MED7120、50グラム=100メートル、アルパカ100%)で編んでいます。

糸の使用量:

上の色、200 (300300300) メートル [218 (327, 327327) ヤード]。 写真で使用した毛糸(1玉50グラム)だと、2 (333)玉ぶんです。

下の色、200 (300300300) メートル [218 (327, 327327) ヤード]。 写真で使用した毛糸(1玉50グラム)だと、2(333)玉ぶんです

ポケットに使う色、毛糸1玉ぶん。

針:5号 (3.5mm、US 4) 〜 6号 (4mm、US6)、長さ80cm の輪針、および 同サイズの両端の尖った棒針2本。これらの針のサイズは、ゲージに合ったものを選んで下さい。アルパカのような柔らかい糸は、ウールやコットンより細めの針にしたほう がよい場合もあります。
6号(3 .5 mm、US 4)のかぎ針。
作り目に使う太い棒針、11号(5.5 mm、US 9)くらいのもの。

ゲージ:メリヤス編みで、19目=10 cm。

その他:小さめのボタン2つ、とじ針、目数リング、余り糸(ほつれ止め、ほどける作り目に使用。目数リングは余り糸を輪にしたもので代用可能です)。余り糸は、コットンやメリノのような滑りのよい糸が使いやすいです。

*****

仕上がり寸法

wildtulip-size

*****

ギャザーの入った、2色の子供用チュニックのパターンです。二つの色の境界線に、ポケットをつけてあります。ポケットから、さらに1色、ちらっと見えるのがアクセントになっています。

上から下に編んでいき、最後に肩のストラップを編みます。ストラップのボタンを付ける位置で、成長に合わせて、丈を調節できます。

ポケットは袋編みという技法を使って、2本の針で編めるようになってます。いろんなところで応用可能な、ちょっとおもしろい編み方です。

裾は、控えめのフリルにしてみました。

ギャザーの部分、きれいに見えるように、分量と編み方を工夫してあります。

写真の作品はアルパカ100パーセントの糸で編みました。コットンやウールで編むのもおすすめです。

パターンはテキストで書かれています。

オールド・ノルウェーという名前のついた、伸縮性のある作り目ではじめます。日本ではあまり知られていない作り目のようなので、イラストによる図解と、ビデオの解説を用意しました。

ボタンホールの編み方も、ビデオでみられます。

左右の増し目ねじり目なわ編み針を使わないケーブル編みそでの下の目の増やし方ポケットの編み方メリヤスはぎ目のすくい方には、イラストの解説をつけました。

表編み、裏編み、こま編み、それと輪っかに編んで行くことができたら、あとは技法を調べなくても、このパターンだけで編めるよう、こころがけてみました。

リクエストがあれば、さらに技法の解説を増やして行きたいと思います。ご質問は、お気軽に、このページへのコメント、メッセージ、もしくはメールを下さい。

楽しみながら編んでいただけると嬉しいです。

*****

このパターンは2.40ユーロでダウンロードすることができます。

*****

 

色見本

ポケットの色と、身頃の色とコントラストをつけると、ポケットがちらっと見えたときにアクセントになって、かわいいですよ。

wild-tulip-color01 wild-tulip-color02 wild-tulip-color03 wild-tulip-color04 wild-tulip-color06 wild-tulip-color05 wild-tulip-color07

この投稿文は次の言語で読めます: 英語 ドイツ語