セットインスリーブをシームレスで作ることの難しさ。

セットインスリーブって一番きれいな袖のカタチだと思う。それをシームレス&トップダウンで編んでみたくて、ああでもない、こうでもないと、あがいている。

一番面白そうだと思ったのは、ラベリーで話題になっている、袖山と身頃を一緒に編んでしまう方法。とても斬新なアイデアなのだけど、でも、この方法で編まれたパターン、どれも袖山が高いのだ。

「気をつけ」の姿勢でいるときはきれいに見えるけど、「ばんざい」をすると、あれれ…。レディースのちょっとエレガントなカーディガンにはいいけど、子供服にはどうかな。

袖山を低く抑えながら編めないかと、試してみて挫折。

やっぱり、ピックアップして編んだ方がうまくいくかなあと、Ann Buddさんの本など参考にしながら編んでみて、次なる問題に気がついた。

わかりやすいように図を描いてみる。

まずは、布で服を作るときの袖のカタチがだいたいこんなかんじ。

sode1

この袖を編み物にすると、こんなかんじ。

  • 緑の線は水平
  • 青の線は1段に1目減る
  • 紫の線は2段に1目減る
  • 赤の線は1段で3〜5目減る
  • 緑の線は水平

sode2

 

この袖を身頃に縫い付けるとする。

縫い合わさる位置は、下の図の左側のようになる。

 

sode3

でも、シームレスで袖を編むと、この位置が、図の右側のようになってしまうのだ。(緑と青の線の長さが違うの、わかるかしら?)

シームレスの場合は、袖を身頃に縫い付けるかわりに、身後のアームホールから、編み目をピックアップして、袖を編んで行くことになる。

で、アームホールの上の直線部分から、均等にプックアップしていくと、

  • 緑色の水平部分は本来の長さより長く
  • 紫色の部分は、本来の長さより短く

なってしまう。
sode2 sode3

つまりは、袖山の上の部分は、ちょっと無理にひっぱって伸ばされたようになり、わき下のあたりは、だぶついてしまうのだ。

編み物は、布と違って伸縮性があるし、気にしなければそれでいいのかもしれないけれど、でも、実際に着てみると、袖山はぺたんとしてるのに、わきは余ってるのが、なんとなくわかる。

やや細身の袖だから、よけいに気になるのかも。ゆったりめのシルエットなら、あまり目立たないような気もする。Annさんの本に載っているのは、どれもゆったりめだ。

これ、なんとかならないものかなあ。

考えられる方法は、ピックアップする間隔を、緑の部分と、紫の部分で、変えることかな。

もういちど、方眼紙に製図してみよう。